解約返戻金から、お金をいつでも借りられる

解約返戻金がある保険の中には、貸付を受けられるものがあります。急にまとまったお金が必要になった場合など、所定の書類を提出すれば審査なしで上限額以下なら何回でも借りられるうえ、いつでも返済できるので非常に便利です。

最近は、保険会社によっては専用カードでATMから引き出せるサービスもあり、利用しやすくなっています。貸付を受けている期間でも保障はそのまま継続し、配当金が設定されている契約では、これを受けることもできます。

ただし、貸付対象は契約者のみで、被保険者や受取人は、この制度を利用することはできません。一般的には、解約返戻金の8?9割程度を上限とし、利息付きで借りることになります。貸付利率は保険商品ごとに異なりますが、予定利率が高い商品ほど高くなります。ただし、もし途中で保険を解約したり、被保険者が死亡した場合は、解約返戻金や死亡保険金から元金と利息が差し引かれることになります。

契約をしてから、実際に保険料を払いつづけるのがむずかしくなった場合は、保険料の負担を軽減する方法がいくつかあります。1つめは、優先順位の低い特約を解約したり、保障額を減額するなど、保障を小さくする方法です。そうすることで保険料負担を軽減できます。

2つめは、延長(定期)保険への変更です。これは保険料の払い込みを中止し、その時点での解約返戻金を使って、死亡保険金の額は同じまま、保険期間の短い定期保険に変更するというものです。

3つめは、保険料の払い込みを中止した時点での解約返戻金を使って、保険期間はもとの契約と同じまま、死亡保険金の額を小さくした保険にする、払済保険への変更です。主契約が終身保険の場合、保険料の払い込みをつづける場合に比べて、死亡保険金の額は小さくなりますが、それ以降の保険料は支払わなくても終身保険として一生涯の保障を残せます。終身保険であれば、もちろんその後も解約返戻金があるので安心できます。